用語集

祝金【いわいきん】

契約後、所定の日における被保険者の生存を条件に支払われるお金のこと。

▲ TOP

示談【じだん】

相手のある事故の場合、過失割合などを相手側と交渉して決めること。

自賠責保険【じばいせきほけん】

自動車損害賠償保障法に基づく強制保険のこと。自動車を所有する運転者が、自動車で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償。対物の補償は対象外。

時価額【じかがく】

事故によって失われた保険の目的と同様の物を、新たに購入するのに必要な金額から、使用による消耗分を控除して算出した金額のこと。

責任開始日【せきにんかいしび】

申し込みをした契約の保障が開始される日。

▲ TOP

積立保険/貯蓄型保険【つみたてほけん/ちょちくがたほけん】

保険の補償機能に加え、満期時に満期返戻(へんれい)金を保険会社が支払う貯蓄機能もあわせ持つ保険。

特約【とくやく】

特別約款の略語。特別条項とも呼ばれる。標準的な契約条件を定めた普通保険約款の内容を補足・追加・変更・排除する。原則として特約部分のみ契約することはできない。

▲ TOP

被保険者【ひほけんしゃ】

保険の補償を受けられる人、または保険の対象となる人のこと。必ずしも契約者と同一人物とは限らない。

保険価額【ほけんかがく】

保険を付ける「物の価額(評価額)」のこと。保険によって時価額を基準とするものと再取得価額を基準とするものがある。

保険期間【ほけんきかん】

保険の契約期間。すなわち保険会社が責任を負う期間のこと。

保険金【ほけんきん】

保険期間中に補償内容に該当する事由が発生した場合、保険会社が保険金受取人へ支払うお金のこと。

保険金受取人【ほけんきんうけとりにん】

保険金を受け取る人。通常は約款に定められるが、保険契約者が指定できる場合もある。

保険金額/補償限度額【ほけんきんがく/ほしょうげんどがく】

保険をいくら付けるかというときの「いくら」にあたる契約金額のこと。また保険会社が保険契約にもとづいて支払う保険金の限度額を示す。

保険料【ほけんりょう】

契約者が保険会社に支払う、契約に対する掛け金のこと。

保険契約者【ほけんけいやくしゃ】

保険会社と契約を結び、契約上の一切の権利(契約内容変更の請求権など)と義務(保険料支払い義務など)を持つ人。

保険の目的【ほけんのもくてき】

保険契約の対象となるもの。例えば家財・自動車など。

▲ TOP

満期【まんき】

契約時に定めた保険期間終了日のこと。

満期返戻金【まんきへんれいきん】

積立保険/貯蓄型保険の契約が保険期間満了まで続き、保険料全額の払込みが完了している場合、保険期間終了時に保険会社が保険契約者へ支払うお金のこと。金額は契約時に定められる。

免責金額【めんせききんがく】

一定の金額以下の損害につき、被保険者が自己負担するものとして設定する金額のこと。
免責金額を超える損害の補償には、免責金額を差し引いた金額を保険会社が支払う方式と、免責金額を含めた損害額を保険会社が支払う方式がある。

持出し家財【もちだしかざい】

被保険者、被保険者の配偶者、生計をともにする同居親族が、持出し・携行した家財のこと。

▲ TOP

約款【やっかん】

保険の内容を具体的に箇条書きにした条文のこと。保険の種類ごとに普通保険約款と特約条項(特別約款)がある。普通保険約款は、標準的な契約条件を定めたもので、特約条項は契約条件の内容を補足・追加・変更・排除するもの。

▲ TOP