初めての方はこちら

平日9:00〜20:00(土曜17:00まで)0120-141-650※日・祝・年末年始を除く

MENU

JALマイルがたまる

MENU

閉じる

保険に関するご相談を
無料で受け付けております

保険マイルナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします

JALUX保険サービス0120-141-650

平日9:00~20:00 土曜9:00〜17:00 ※日・祝・年末年始を除く

  • 自動車保険の基礎知識 自賠責保険と任意保険
  • 自動車保険の基礎知識 新規加入・見直しのポイント

自動車保険の基礎知識 自賠責保険と任意保険

自動車保険に加入する際に、インターネットで比較見積もりを取ることは身近になってきていますが、実際にはどういった基準で保険料が決められているかご存知でしょうか?その仕組みを知っていれば、より自分にあった補償内容を選べる可能性が高くなります。 ここでは、保険料の仕組みについて見てみましょう。

自動車保険料の仕組み

自動車保険の保険料は、自動車の用途や車種、運転者の年齢に応じて、保険料が決められます。保険会社により多少異なりますが、一般的には下記のような料率区分によって決まってきます。

用途・車種 自動車の構造、使用目的・頻度等によって区分されます。
型式別料率クラス 車検証に記載の型式により9段階に区分されます。毎年、見直しが行なわれます。
新車・新車以外 初度登録からの期間により区分されます。
保険開始月が初度登録の翌月から起算して25ヶ月以内であれば、新車割引が適用される場合があります。
保険金額等 受取保険金額、免責金額の設定により区分されます。
年齢 運転者の年齢の範囲によって区分されます。
例)21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償、全年齢補償
保険会社によって範囲は異なります。
等級 過去の保険事故により、1~20等級の範囲で区分されます。 新規加入時は6等級から始まり、保険事故を起こすと3等級下がり、無事故だと1等級上がります。
2013年4月以降の契約については新等級制度が適用され、保険事故の有無により、割増引率が変更します。従来は同じ等級であれば同じ割増引率でしたが、保険事故が有り10等級に下がった場合と、保険事故が1年間なく翌年10等級にあがった場合では、保険事故があった場合の方が、同じ等級でも低い割引率が適用され保険料が高くなります。
運転者限定 運転者の範囲で区分されます。
・家族限定、本人・配偶者限定、限定無し
保険会社によって範囲は異なります。

新規加入・乗り換え・更新時にチェック!自動車保険料を抑える方法

ポイント1複数の保険会社から見積もりを取ってみましょう。

見積もりにあたっては、運転免許証や車検証、そして現在加入している自動車保険があれば保険証券が必要になりますので、手元に用意しておきましょう。保険料の仕組み、補償内容については保険会社により微妙に異なりますので、複数の見積もりを取ることにより、保険会社の特徴を比較しましょう。その中で、保険料だけでなく補償内容もニーズにピッタリあった商品(保険会社)を選ぶようにしましょう。また、いざ事故が起こった際にどれだけ安心感のある事故対応をしてもらえるかも重要です。
各保険会社の実績(契約取扱件数、事故処理件数)や事故サービス体制(人員数、拠点数)といったデータを確認するのみでなく、周囲の方や信頼できる代理店の意見を参考にしてみてもいいでしょう。また、保険料のお支払いを月々の分割払いから一括払いに変更するだけで保険料が安くなるケースがあるので、知っておくと得するかもしれません。

ポイント2補償内容の見直してみましょう。

車両保険・・・車両保険には主に「一般車両保険(フルカバー」、「エコノミー+限定A」、「エコノミー」の3種類あります。
補償範囲は下記の表を参考にして下さい。また、車の年式が古くて評価額が低い場合などは、車両保険を外してしまうという選択肢もアリでしょう。
免責金額・・・免責金額とは「保険事故の際に、契約者が負担する金額」です。1回目の事故は5万円、2回目以降は10万円等の設定の仕方により、保険料が変わります。自己負担額を設定することにより保険料の節約はできますが、本当に必要な補償やサービスまでも削ってしまわないようにくれぐれも気を付けて下さい。

■ 車両保険の種類と補償内容

車両保険の種類 単独事故 他車との衝突 当て逃げ 台風・洪水 火災・爆発 盗難 落書き いたずら
一般(フルカバー)
エコノミー+限定A
エコノミー

■ 車両保険の種類と補償内容

一般(フルカバー)
単独事故 火災・爆発
他車との衝突 盗難
当て逃げ 落書き
台風・洪水 いたずら
エコノミー+限定A
単独事故 火災・爆発
他車との衝突 盗難
当て逃げ 落書き
台風・洪水 いたずら
エコノミー
単独事故 火災・爆発
他車との衝突 盗難
当て逃げ 落書き
台風・洪水 いたずら