保険(海外旅行・医療・自動車など)のことなら【JAL保険ナビ】

取扱代理店 JALUX保険サービス
平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)

0120-141-650※日・祝・年末年始を除く

保険に関するご相談を
無料で受け付けております

JAL保険ナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします

JALUX保険サービス 0120-141-650

平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)※日・祝・年末年始を除く

2019年10月24日

海外旅行中に薬局で薬を買うには

国によって異なる薬事情

海外旅行中に突然体調を崩した場合、現地で薬を購入しなければならない事態に陥ることも起こり得ます。そのため、海外と日本の薬との違いについて把握しておきましょう。

日本の場合、薬局やドラッグストアに行けば風邪薬や鎮痛剤など、多種多様な症状に効果のある薬品が販売されています。しかし、海外では日本のように少し出掛ければ薬が購入できるという環境にない場合もあります。それでも先進国であれば、取り扱いは充実していて、日本同様ドラッグストアやファーマシーに行くと、いろいろな薬が購入できます。発展途上国になると、国や場所によっては薬の購入が難しくなります。発展途上国には、先進国から輸入した薬とローカルブランドの薬が販売されています。後者の場合、認可を受けていないものや偽物も多く含まれているので、欧米をはじめとした薬を購入したほうが安全です。

海外の薬局に日本製の薬があれば、パッケージや使用方法について理解できますし、見覚えがあるので安心できるでしょう。しかし、海外にて日本ブランドの薬はそれほど活発に出回っていません。そのため、海外では日本のものではなく海外ブランドの中から探す買い方がメジャーとなります。

基本的な買い方は、日本とあまり変わりありません。市販薬ならドラッグストアでそのまま購入できますし、医師の処方箋がないと購入できない医薬品もあります。どこから処方箋が必要な薬となるのかの基準が、日本と異なる国や地域もあるため注意しましょう。

海外で薬を買うときの注意点

現地の薬局で薬を購入する際には、いくつか注意すべき要点があります。まず、海外における薬の買い方として押さえておきたいのは、探し方です。日本人の場合、CMなどで求めている効力の商品名が分かっているので、商品名で探すこともしばしばあるでしょう。しかし、日本の薬との違い、海外では商品名が分からないものや異なるものがたくさんあります。そこで、商品名ではなく成分名で探してみましょう。成分の名称については、基本的にどの国でも同じです。その症状について効果のある代表的な成分の名称を把握してから薬局に行って、商品を探しましょう。

また、薬を服用すると眠気を伴う種類がたくさん販売されているのは日本と同じです。しかし、海外には認可を受けていない薬も多くあるため、眠くならないと表記していても眠たくなってしまうなど、中には表記が正しいとは限らない薬も販売されています。表記が正しくても、日本人と比較して外国人は体格が大きいため、日本人には効果が強く表れる傾向があり、眠気も強くなる恐れがありますから購入する際には注意が必要です。パッケージに書かれている量を服用したところ、効きすぎてしまったり、副作用が重く出てしまったりするケースも散見されています。認可を受けている薬だとしても、服用する場合は少なめの量からにしましょう。もしも思っているような効果を得られなかった場合、徐々に服用する量をパッケージに記載されている量まで増やしていけば自分にとっての適量が分かります。

偽物の薬かどうかを見極めてから購入する

海外では、アジアやラテンアメリカなど3割以上偽物の薬が販売されているという地域もあるほど、偽物の薬が多く販売されています。そのため、日本の薬局で購入するときのような買い方をするのは危険です。認可を受けているのか、もしくは偽物なのかを判別してから購入するようにしましょう。

まず、安すぎる薬は購入せず、購入するときには必ず領収書をもらうようにしましょう。日本の薬との違いとして海外では薬がパッケージから出してバラ売りされていることもありますが、このような場合は必ずパッケージを確認させてもらい、商品の名前、製造番号、有効期限のを確認します。こうすることで、偽物の薬を販売される危険性を知っていて警戒していることを販売者に示せます。もしも、偽物の薬と知っていて販売しているのであれば、このような態度を示すことで、偽物の薬を販売すると通報などされて捕まる恐れがあるので販売すると危険であると販売者に思わせることができるでしょう。

次に、パッケージに記載されている内容についてもよく確認するようにしましょう。あえて海外で販売されている薬の商品名に似せた名前にしていたり、別の国で作られていてスペルに間違いがあったりすることがあれば、偽物の薬の可能性が高いです。同様に、ぼやっと印刷されているなどの質が悪いものも要注意です。別の薬や薬局にするなど、避けるようにしましょう。

クレジットカードを持っている人であれば、海外旅行のサポートがどうなっているか確認する方法があります。カードの中には健康相談を受け付けているデスクを設置している場合があります。体調を崩したときにこちらに相談すれば、どんな薬を購入すればいいか教えてくれたり、医療機関などの手配を行ってくれたりします。

保険に関するご相談

JAL保険ナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします。

JALUX保険サービス TEL:0120-141-650 平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)※日・祝・年末年始を除く

Webお問い合わせ