初めての方はこちら

平日9:00〜20:00(土曜17:00まで)0120-141-650※日・祝・年末年始を除く

MENU

JALマイルがたまる

MENU

閉じる

保険に関するご相談を
無料で受け付けております

保険マイルナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします

JALUX保険サービス0120-141-650

平日9:00~20:00 土曜9:00〜17:00 ※日・祝・年末年始を除く

2016年7月1日

海外旅行中に日本に連絡する手法とは?

海外ローミング契約を利用する

日本の携帯電話やスマホを海外で使用する場合は、国際ローミング契約が必要となります。日本の携帯電話会社で契約を済ませると、手持ちの携帯電話やスマホをそのまま海外に持ち込めるようになり、日本と同様に電話が使えます。ただし国際ローミング通話料金は高額となっており、国内のパケット上限制料金が適用されず、思わぬ高額な料金が発生することがあります。

手持ちの携帯電話やスマホで国際ローミング契約をする場合は、日割りでかけ放題になるプランを契約するようにしましょう。たとえば24時間で数千円のプランが提供されていたり、申し込み不要でいつでも使える日割りプランなどが用意されていたりします。

日本で利用しているデータ定額サービスから、ワンタッチで切り替えが可能となる方法もあります。手続きが簡単で使った分のみの料金請求となるため、海外旅行に行く方は覚えておいて損はありません。渡航先から日本へかける場合は「81」を市外局番の頭に付けて、そのまま普通にかけるだけです。SNSメッセージを送る方法は日本国内での利用方法と同様です。

無料Wi-Fiを利用する

大きなホテルなどでは無料で使えるWi-Fiを提供していることが多く、誰でも無料でネット接続ができます。日本で使用しているスマホを海外に持ち込み、無料で接続できるW-Fiスポットを捜し、ネット回線を利用して無料通話アプリを通し電話をかける方法があります。

海外旅行先でもできるだけ経費を抑えたい方におすすめの方法で、日本に電話する場合はすべてホテル内でかけるようにして、Wi-Fiを利用すれば通話料は無料となります。海外ローミング契約をしていない場合、日本にて搭乗前にデータローミングをオフにしておきましょう。この設定をやっておけば勝手に海外でパケット通信してしまう恐れがなく、気が付いたらすごい料金が発生していたというトラブルを防ぐことができます。飛行機内ではスマホの電源を切るか、機内モードをオンにしておきます。

海外に到着したら使いたいときだけWi-Fiを繋ぐだけです。機内モードがオンになっているのをそのままに、Wi-Fiをオンに設定するのみでインターネット回線に繋ぐことができます。Wi-Fiスポットによってはパスワードが求められるもの、パスワード不要なものがあります。誰でも接続ができるパスワード不要の無料Wi-Fiスポットでは、セキュリティが甘くなりますので、重要な通信には使用しないほうが良いでしょう。

公衆電話やホテルから電話をする

携帯電話やスマホを利用しない電話の方法では、昔から活用されてきた公衆電話やホテルから日本へかけるという方法があります。緊急の連絡でしか日本にはかけないという場合は、この方法でも十分でしょう。ただし、国際電話の電話料金は、日本と比べてかなり高くなってしまうことは覚えておく必要があります。 ホテルの客室から日本へ電話をかける場合、国際電話番号の「81」を付けて、市外局番から続けてかけるだけです。しかし、注意したいのが電話料金はホテル代とは別途請求され、長電話したためにチェックアウト時に高額な料金を請求されるケースです。

電話代が不安な方は、公衆電話でも使えるプリペイドカードを購入しておき、電話代の上限を設けておけば良いでしょう。日本のテレフォンカードのようなもので、購入した代金分の通話しかできないようになっています。コインで公衆電話から国際電話をかけると、大量のお金が必要となり大変になりますから、ホテルや街中にある公衆電話を使いたい方は、事前にプリペイドカードを購入しておくと便利です。プリペイドカードは海外旅行先のスーパーやコンビニなどで売られています。前払い制で電話料金が予想外に高額になってしまう恐れがありません。