初めての方はこちら

平日9:00〜20:00(土曜17:00まで)0120-141-650※日・祝・年末年始を除く

MENU

JALマイルがたまる

MENU

閉じる

保険に関するご相談を
無料で受け付けております

保険マイルナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします

JALUX保険サービス0120-141-650

平日9:00~20:00 土曜9:00〜17:00 ※日・祝・年末年始を除く

2017年7月1日

海外旅行でトラブルに巻き込まれないために

荷物から目を離さない

海外旅行の最中にトラブルに巻き込まれる例は決して少なくありません。いくら治安が良い国だからといっても、観光客を標的とする犯行は少なからずあるため、自分の身は自分で守る必要があります。どういった事に対して注意すれば良いのか、あらかじめ把握しておくべきです。

海外でのトラブルに多い事として、スリや置き引き等による盗難です。現地の人だけではなく、金目の物を持っていそうな観光客を標的にしてくる可能性があります。普段は後ろのポケットに財布を入れている人も、盗難被害に遭わないようにいつも触っていられるところにしまいましょう。また、リュックを背負っている人は、鍵をつけたり、前に背負ったりする等して、気づかないうちに荷物が盗まれる状況は避けます。また、観光であればブランドのバッグや財布は身に付けないようにするのもまた、盗難の予防策になります。

飲食店では、バッグを隣の席に置いたり、背もたれに立てたりされる事があるかもしれませんが、それは盗難されるリスクを高めます。足元に置いたり、椅子とバッグをワイヤーで連結させたりするように、置き引きされないような対処は必要です。荷物を盗まれないように注意している事を明らかにすることが、スリに対する攻撃になります。

単独行動や人気の少ないところを避ける

海外旅行の時、単独行動はなるべく避ける事をおすすめします。治安がよろしくないところでは、複数人で街中を歩いたり、夜の時間帯は出歩きを控えたりする等の対処は大切です。日本人というだけでターゲットとなりかねませんので、パスポートなどの貴重品はなるべく、自由行動をしている際には持ち歩かないように注意しましょう。パスポートはコピーのみを持ち歩くようにして、現金は必要な分だけ用意しておきます。人気の少ないところでは、金目の物を強盗される恐れもありますので、必要な所持品以外はホテルのフロントに預ける等して、トラブルの予防をしましょう。

一度も行った事のない国だと、地域の地理に詳しくない方が多いはずです。観光を目的とするならば、観光地や首都となるエリアを中心とし、郊外や人気の少ないところを避けるのが、トラブルの対処となります。せっかくだから海外旅行を楽しみたいという気持ちはあるでしょうが、まずはトラブルの原因となる部分を排除し、気楽に楽しめる状況を作りましょう。

ホテル、フライトの予約トラブルを予防する

海外旅行においてありがちなトラブルの一つが、「ホテルやフライトの予約に関するトラブル」です。チケットを取っておいたり、ホテルを予約していたりしたのにも関わらず、予約を取れていなかった、あるいはダブルブッキングだったということもありえます。旅行代理店を通している場合は、もしトラブルが起きても電話一本で適切な対処をしてくれますし、アップグレード等のサービスを付け加えてくれる場合があるため安心です。しかし個人旅行でダブルブッキング等のトラブルの場合、対処は難しく、その場での対応は英語力がなければ苦労します。慣れないうちは代理店を通じて宿泊場所の確保をしたほうが安全でしょう。

その他、もし、チェックインに遅れそうな場合には連絡をいれるだけで、トラブルは回避できます。フライトがキャンセルされてしまっているトラブルについては、チケットを購入したところに必ず連絡をいれましょう。オペレーターがその場の状況にあった対処をしてくれます。もしフライトやホテルでトラブルが起きたとしても、カウンターの人たちと言い合いするのではなく、購入や手続きをしたサイトやお店に連絡を入れるのが優先です。

日本旅行とは違い、海外旅行でトラブルが発生すると、現地での対処が一番の問題です。特にフライトやホテル等のトラブルは、言語力がなければ説明するのが難しいです。未然にトラブルが起こらぬよう、最善の注意を払いましょう。また、盗難等のトラブルについては、ご自身が貴重品を持ち歩かず、荷物を見ていれば確率を減らせますので、意識して旅行を楽しみましょう。