保険(海外旅行・医療・自動車など)のことなら【JAL保険ナビ】

取扱代理店 JALUX保険サービス
平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)

0120-141-650※日・祝・年末年始を除く

保険に関するご相談を
無料で受け付けております

JAL保険ナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします

JALUX保険サービス 0120-141-650

平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)※日・祝・年末年始を除く

2019年8月9日

知らないと恐ろしい海外のトイレ事情!旅行先の衛生状態【ベトナム編】

日本とは明らかに違うトイレ事情

公衆トイレと言えば、日本では当たり前に使えることが不思議でもなんでもありません。衛生的にも優れており、店舗や施設の中にあるところでは汚れている環境を見かけることすらまれになってきました。これも日本だからというのは、海外に出てみるとわかります。その国の事情もいろいろとあり、当たり前と思っていることが通じないこともあります。

ベトナムは、アジア諸国の中でも旅行先として人気が高まってきています。食事も日本人の好みに合いやすく、つかの間の渡航先に選ばれることも多くなりました。ベトナムでのトイレ事情は、日本とはかなり異なります。知らないことで大失敗してしまう場合もあるため、どんなことがあるのかを知って、渡航することが大切です。

注意しなければいけないことは、まず公衆トイレはお金がかかる可能性がある、という点です。公衆トイレの側に従業員と思われる人が立っている場合、無料ではなく有料となります。無料のトイレと比較すると衛生環境が整っていることも多く、日本円で5円から10円程度と安価で使用できるため、特に女性の場合は人が立っているところを探すのも良いでしょう。

すべての場所が有料というわけではなく、無料の公衆トイレも当然あります。その場合、管理している人がいないことから、あまりきれいではないことも覚悟しておかなければいけません。衛生的な場所を求めるのであれば、ホテルやレストラン、大型ショッピングセンターが良いでしょう。

トイレットペーパーが設置されていないところも

ベトナムのトイレはトイレットペーパーが設置されていないところも多くあります。海外ではよくあることですが、自分で持ち込むか、有料で購入するなどの方法をとる必要が出てきます。ベトナムで有料の場合、管理している人がいるところではトイレットペーパーも販売してくれますので、持っていない場合は購入するようにしましょう。ただし、こうした人がいないこともあるため、ポケットティッシュを持ち歩いておけば間違いありません。水に流せるタイプにしておけば日本と同じような感覚で使えます。大型ショッピングセンターやホテルといった場所であれば、設置されていることもありますし、衛生管理も日本と同じレベルの場合も珍しくありません。

ただし、水の流れが決して強いとは言えないところも問題として挙げられます。ベトナム全域というわけではありませんが。小さなお店などでは水圧がかなり弱いことがあります。こういったところでは、現地でトイレットペーパーを購入しても、水洗トイレには流すことができません。ベトナムで販売されているものは水溶性ではないため、詰まってしまいます。そういった場合はトイレにごみ箱が設置されているので、流すのではなくごみ箱に捨てるようにしましょう。英語で注意書きなどされている場合もあるため、そのような場合は注意書きにきちんと従うようにしましょう。便座に関してまでは清潔にされているかどうかは判断が難しい部分があるため、除菌シートを携帯すると便利です。現在ではだいぶ減っていますが、ベトナムでは便座の上に中腰になって座ることがあったこともあり、便座が壊れていたり汚れていたりすることもあるからです。衛生上の問題も考慮し、必要に応じてトイレットペーパーや除菌シートを使用することも覚えておくと良いでしょう。

衛生環境は大丈夫か、女性のトイレ事情

日本では当たり前のように使われている温水洗浄便座は大変便利ですが、実は日本では女性の40%以上が自宅以外で温水洗浄便座を使用しないというアンケート調査結果が出ています。その理由としては多数の人が利用しているから、衛生面に心配があるから、といったものが挙げられています。しかしながら、30%程度の方は自宅以外でも温水洗浄便座を使用しており、もしもベトナムなどの海外でも使用を考えている場合、トイレ事情が異なる点を知っておきましょう。ベトナムでは温水洗浄便座はまだまだ普及しているとは言えない状況です。しかし、代わりにハンドシャワーが取り付けられていることがあります。ハンドシャワーというだけあって上に向けると水がかかってしまうことがあるため、斜め下に向けて流すといったコツも必要です。試しに便座に向けて流してみて、実際に使用するのが難しいと感じた場合には無理に使用せず、持参したティッシュペーパーなどを使用しましょう。

ベトナムは治安が安定しているほうではありますが、女性が公園のトイレなどを利用するのは控えたほうが良いです。特に夜間の使用はやむを得ない場合も含め、使用しないようにしましょう。この辺りの海外事情は日本とは異なることは、意識しておく必要があります。ホテルの1階フロアにトイレがあれば安全ですが、中には滞在者以外の使用を認めていない場合もあるため、宿泊しているホテル以外で借りる場合にはきちんと確認してからが良いでしょう。ベトナムの中でも5つ星ホテルなどであれば安心です。できるだけ安全な場所で済ませてから移動するといった配慮も海外では必要です。

保険に関するご相談

JAL保険ナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします。

JALUX保険サービス TEL:0120-141-650 平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)※日・祝・年末年始を除く

Webお問い合わせ