保険(海外旅行・医療・自動車など)のことなら【JAL保険ナビ】

取扱代理店 JALUX保険サービス
平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)

0120-141-650※日・祝・年末年始を除く

保険に関するご相談を
無料で受け付けております

JAL保険ナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします

JALUX保険サービス 0120-141-650

平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)※日・祝・年末年始を除く

保険の基礎知識

あなたにぴったりの保険を選ぶために、まずはじめに知っておきたい保険の基本。 保険の検討に役立つ情報やお悩みを解決するヒントなどを集めています。

自動車保険はどうして必要なの?

自動車保険には、加入が義務付けられている「自賠責保険」と、任意で契約する「自動車保険」があります。 原動機付自転車を含む、全ての自動車に加入が義務付けられている自賠責保険は、対人補償(事故の相手方のケガ等)のみで、運転者であるご自身の怪我やお車の損傷や、他人の財物に損害を与えた場合の対物賠償は全くありません。
また、補償限度額も一律で定められており、必ずしも実際の事故による高額請求に対応できるわけではありません。自賠責保険に加えて任意保険に加入することで、自賠責保険では足りない部分をカバーすることができるのが、自動車保険です。
ニュースでも自動車事故で死傷者がでるケースも耳にすることがあるかと思いますが、相手方がいる事故の場合には、相手方への死亡・ケガなど数千万~数億円の多額の賠償を負う可能性もあり、対人賠償・対物賠償は無制限をおススメします。
ご自身だけでなく、家族の将来的な経済的負担を軽減するために、自動車保険の加入がとても重要です。

自動車保険商品を見てみる

クレジットカードに海外旅行保険がついているけど、海外旅行保険に加入は必要なの?

海外旅行に行く際の必需品である海外旅行保険は、クレジットカードについている海外旅行保険とご自身で加入する海外旅行保険があります。
クレジットカードには、海外旅行保険はついており、年会費が高いものほど補償が大きい傾向があります。クレジットカードによっては、自動的に旅行出発日より有効な保険もありますが、中にはクレジットカードで旅行代金を決済することが保険を有効にする条件になっていたり、補償内容が死亡・傷害、救援者費のみとなっていることもあり、治療費用や携行品(ご自身の所持品)に対する補償が少額、もしくはない場合もあります。
日本では、健康保険証を提示することで治療を受ける方の負担も軽減されますが、海外では健康保険証は使用できず、全てご自身でお支払いが必要となります。また、海外で治療を受けると、数十万~数百万、手術を伴うともっと高額になる場合も多く、ご自身のクレジットカードの補償に不安を感じられる場合にはご自身で海外旅行保険にご加入いただくことで、不安なく海外旅行を満喫できるのではないでしょうか。
海外旅行保険は、出発日当日まで加入でき、出発後は加入することはできません。ぜひ一度出発前にご自身のクレジットカードの補償内容をご確認いただき、ご自身で加入する海外旅行保険をご検討ください。

海外旅行保険商品を見てみる

医療保険とがん保険は両方加入する必要があるの?

医療保険は、基本的に病気やケガで「治療を目的として入院した場合の費用を保障するもの」の保障ですが、保険会社によって、日帰り手術を保障する、通院1日目から保障するなど、保障範囲を広げた様々な医療保険が多くあります。ただし、医療保険は「病気・ケガ」での入院を、給付金の給付条件にしており、検査のみを目的とした入院や美容整形、正常分娩など治療を目的としない場合は、保障しないのが一般的です。
がん保険は、名前の通りがんと診断されたときにがん診断給付金が受取れたり、抗がん剤治療や放射線治療を対象に受取れる給付金があります。医療保険は支払限度額が60日、120日など設定されておりますが、がん保険は、再発リスクや治療が長期にわたる場合もあるため、がんで入院した場合の入院給付金の支払限度日数が無制限であること等、がんの保障に特化しているのが特徴です。
医療保険は、がんで入院した場合にも保障されますが、治療が長期化する場合には支払限度日数を超え保障が得られなくなることもあります。
ご自身の貯蓄でまかなう、高額な治療に必要な十分な財力をもっている場合など、必ずしも全ての人が必要ではないですが、経済的な心配がなく、安心して治療を受けていただくために、医療保険、がん保険のそれぞれの加入をぜひ検討ください。

医療保険商品を見てみる がん保険商品を見てみる

火災保険と地震保険のそれぞれの役割は?

火災保険は名前の通り火災による損害補償がメインであるものの、水災・風災を含め、家のさまざまな損害を補償する保険です。大雨による土砂崩れなどの被害が出ておりますが、土砂崩れのような火災以外の損害も補償されます。
万が一、火事や災害で持ち家が大きな損害を受けたときに修繕や建て替え費用を工面できず、ローンだけ残ってしまい住む場所を失ってしまうリスクを回避する役割があります。賃貸の場合でも、ご自身の家財以外に、火災を起こしてしまったり、家を損壊させてしまった場合に賃貸人への賠償が発生が発生した場合に補償される借家人賠償責任保険も補償でき、賃貸にお住まいの場合には重要な補償になります。
地震保険は、火災保険では補償されない補償されない(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります。)地震・噴火・津波を原因とする火災を補償し、地震保険のみでのご加入はできません。

保険料は全国一律ではなく、「所在地(都道府県)」と「建物の構造と性質」によって決まります。「所在地(都道府県)」によって保険料が異なるのは、地震が多い地域とそうでない地域が存在するためで、「建物の構造と性質」により地震への耐久性(木造建築か鉄筋建築か)に差があるため、保険料も異なります。地震保険は、特約や別途保険加入で追加手配はできる場合もありますが、原則火災保険の保険金額の30~50%の範囲で設定することになっているのです。
全額を補償できるわけではありませんが、災害リスクの高さやご自身、ご家族の安心を考えた場合に、火災保険だけではなく、地震保険を十分に検討してはいかがでしょうか。

火災・地震保険商品を見てみる

ゴルフをしているので、ゴルファー保険に入っているけど、「ホールインワン・アルバトロス費用補償」って何のためにあるの?

ゴルフをする場合に加入しておく保険が、ゴルファー保険です。ゴルファー保険は、ゴルフのプレー中に他人にケガをさせたり、他人のものを壊し、賠償責任を負ったときの「賠償責任補償」、ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でご自身がケガをされたときの「傷害補償」、ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でゴルフ用品を盗まれたり、ゴルフクラブが損傷したときの「ゴルフ用品補償」、日本国内でラウンド中にホールインワンまたはアルバトロスを達成されたときの「ホールインワン・アルバトロス費用補償」で構成されております。
4つの補償の中で、「ホールインワン・アルバトロス費用補償」って何のために必要なの?と疑問に思っている方もいるかと思います。

日本ではホールインワンやアルバトロスを達成した場合に、記念品贈呈・祝賀会・記念植樹・キャディへの祝儀などの喜びを分かち合う慣習があります。その費用は一緒にプレーされる規模によって異なりますが、数十万程度からそれ以上になる場合もあります。ホールインワンやアルバトロスは、プロでもめったにないことで、とてもうれしい出来事のはずが、金銭的負担が発生し、金額が大きくなることもあるため、うれしいけど、うれしくない・・・という出来事になってしまいます。
そんなときに、祝賀会開催費用、キャディーへのご祝儀、一緒にプレーした同伴者への記念品贈呈、ゴルフ場への記念植樹、祝賀コンペ開催費用などの費用を補償するのが「ホールインワン・アルバトロス費用補償」です。
ただし、不正に保険金を受け取るなどを防止する意味もあり、支払い条件は保険会社によって厳しく決められているため、補償を受けられる条件の詳細は必ず保険加入時にご確認ください。 ホールインワン・アルバトロスのような一生に一度かもしれない最高の瞬間を、金銭的な不安なく余韻に浸るために、重要な補償となります。

ゴルファー保険商品を見てみる

保険っていつ見直すの?

保険は、就職、結婚、出産、ご自宅や車の購入、教育、退職や老後などライフイベントが見直すタイミングです。基本的に家族の経済生活と密接な関係があり、ライフステージにあった保険のご加入をご検討ください。
たとえば、子供が誕生したタイミングでは、今まで最低限の生命保険に加入していた方が、ご自身に万が一の事態が発生した場合のご家族の将来を考え、生命保険の金額の見直しを実施します。また、子供の学資資金の貯蓄に保険を利用する場合は、学資保険の加入を検討するタイミングでもあります。
上記の通り、様々なライフイベントごとに必要になる保険は様々になります。ライフイベントごとに検討する保険をイラスト入りでまとめましたので、「どうやって選べばいいの?」ページをぜひご確認ください。

保険選びのヒントを見てみる

自動車保険はどうして必要なの?

自動車保険には、加入が義務付けられている「自賠責保険」と、任意で契約する「自動車保険」があります。 原動機付自転車を含む、全ての自動車に加入が義務付けられている自賠責保険は、対人補償(事故の相手方のケガ等)のみで、運転者であるご自身の怪我やお車の損傷や、他人の財物に損害を与えた場合の対物賠償は全くありません。
また、補償限度額も一律で定められており、必ずしも実際の事故による高額請求に対応できるわけではありません。自賠責保険に加えて任意保険に加入することで、自賠責保険では足りない部分をカバーすることができるのが、自動車保険です。
ニュースでも自動車事故で死傷者がでるケースも耳にすることがあるかと思いますが、相手方がいる事故の場合には、相手方への死亡・ケガなど数千万~数億円の多額の賠償を負う可能性もあり、対人賠償・対物賠償は無制限をおススメします。
ご自身だけでなく、家族の将来的な経済的負担を軽減するために、自動車保険の加入がとても重要です。

自動車保険商品を見てみる

クレジットカードに海外旅行保険がついているけど、海外旅行保険に加入は必要なの?

海外旅行に行く際の必需品である海外旅行保険は、クレジットカードについている海外旅行保険とご自身で加入する海外旅行保険があります。
クレジットカードには、海外旅行保険はついており、年会費が高いものほど補償が大きい傾向があります。クレジットカードによっては、自動的に旅行出発日より有効な保険もありますが、中にはクレジットカードで旅行代金を決済することが保険を有効にする条件になっていたり、補償内容が死亡・傷害、救援者費のみとなっていることもあり、治療費用や携行品(ご自身の所持品)に対する補償が少額、もしくはない場合もあります。
日本では、健康保険証を提示することで治療を受ける方の負担も軽減されますが、海外では健康保険証は使用できず、全てご自身でお支払いが必要となります。また、海外で治療を受けると、数十万~数百万、手術を伴うともっと高額になる場合も多く、ご自身のクレジットカードの補償に不安を感じられる場合にはご自身で海外旅行保険にご加入いただくことで、不安なく海外旅行を満喫できるのではないでしょうか。
海外旅行保険は、出発日当日まで加入でき、出発後は加入することはできません。ぜひ一度出発前にご自身のクレジットカードの補償内容をご確認いただき、ご自身で加入する海外旅行保険をご検討ください。

海外旅行保険商品を見てみる

医療保険とがん保険は両方加入する必要があるの?

医療保険は、基本的に病気やケガで「治療を目的として入院した場合の費用を保障するもの」の保障ですが、保険会社によって、日帰り手術を保障する、通院1日目から保障するなど、保障範囲を広げた様々な医療保険が多くあります。ただし、医療保険は「病気・ケガ」での入院を、給付金の給付条件にしており、検査のみを目的とした入院や美容整形、正常分娩など治療を目的としない場合は、保障しないのが一般的です。
がん保険は、名前の通りがんと診断されたときにがん診断給付金が受取れたり、抗がん剤治療や放射線治療を対象に受取れる給付金があります。医療保険は支払限度額が60日、120日など設定されておりますが、がん保険は、再発リスクや治療が長期にわたる場合もあるため、がんで入院した場合の入院給付金の支払限度日数が無制限であること等、がんの保障に特化しているのが特徴です。
医療保険は、がんで入院した場合にも保障されますが、治療が長期化する場合には支払限度日数を超え保障が得られなくなることもあります。
ご自身の貯蓄でまかなう、高額な治療に必要な十分な財力をもっている場合など、必ずしも全ての人が必要ではないですが、経済的な心配がなく、安心して治療を受けていただくために、医療保険、がん保険のそれぞれの加入をぜひ検討ください。

医療保険商品を見てみる がん保険商品を見てみる

火災保険と地震保険のそれぞれの役割は?

火災保険は名前の通り火災による損害補償がメインであるものの、水災・風災を含め、家のさまざまな損害を補償する保険です。大雨による土砂崩れなどの被害が出ておりますが、土砂崩れのような火災以外の損害も補償されます。
万が一、火事や災害で持ち家が大きな損害を受けたときに修繕や建て替え費用を工面できず、ローンだけ残ってしまい住む場所を失ってしまうリスクを回避する役割があります。賃貸の場合でも、ご自身の家財以外に、火災を起こしてしまったり、家を損壊させてしまった場合に賃貸人への賠償が発生が発生した場合に補償される借家人賠償責任保険も補償でき、賃貸にお住まいの場合には重要な補償になります。
地震保険は、火災保険では補償されない補償されない(地震火災費用保険金をお支払いする場合があります。)地震・噴火・津波を原因とする火災を補償し、地震保険のみでのご加入はできません。

保険料は全国一律ではなく、「所在地(都道府県)」と「建物の構造と性質」によって決まります。「所在地(都道府県)」によって保険料が異なるのは、地震が多い地域とそうでない地域が存在するためで、「建物の構造と性質」により地震への耐久性(木造建築か鉄筋建築か)に差があるため、保険料も異なります。地震保険は、特約や別途保険加入で追加手配はできる場合もありますが、原則火災保険の保険金額の30~50%の範囲で設定することになっているのです。
全額を補償できるわけではありませんが、災害リスクの高さやご自身、ご家族の安心を考えた場合に、火災保険だけではなく、地震保険を十分に検討してはいかがでしょうか。

火災・地震保険商品を見てみる

ゴルフをしているので、ゴルファー保険に入っているけど、「ホールインワン・アルバトロス費用補償」って何のためにあるの?

ゴルフをする場合に加入しておく保険が、ゴルファー保険です。ゴルファー保険は、ゴルフのプレー中に他人にケガをさせたり、他人のものを壊し、賠償責任を負ったときの「賠償責任補償」、ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でご自身がケガをされたときの「傷害補償」、ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内でゴルフ用品を盗まれたり、ゴルフクラブが損傷したときの「ゴルフ用品補償」、日本国内でラウンド中にホールインワンまたはアルバトロスを達成されたときの「ホールインワン・アルバトロス費用補償」で構成されております。
4つの補償の中で、「ホールインワン・アルバトロス費用補償」って何のために必要なの?と疑問に思っている方もいるかと思います。

日本ではホールインワンやアルバトロスを達成した場合に、記念品贈呈・祝賀会・記念植樹・キャディへの祝儀などの喜びを分かち合う慣習があります。その費用は一緒にプレーされる規模によって異なりますが、数十万程度からそれ以上になる場合もあります。ホールインワンやアルバトロスは、プロでもめったにないことで、とてもうれしい出来事のはずが、金銭的負担が発生し、金額が大きくなることもあるため、うれしいけど、うれしくない・・・という出来事になってしまいます。
そんなときに、祝賀会開催費用、キャディーへのご祝儀、一緒にプレーした同伴者への記念品贈呈、ゴルフ場への記念植樹、祝賀コンペ開催費用などの費用を補償するのが「ホールインワン・アルバトロス費用補償」です。
ただし、不正に保険金を受け取るなどを防止する意味もあり、支払い条件は保険会社によって厳しく決められているため、補償を受けられる条件の詳細は必ず保険加入時にご確認ください。 ホールインワン・アルバトロスのような一生に一度かもしれない最高の瞬間を、金銭的な不安なく余韻に浸るために、重要な補償となります。

プラチナ会員、JALダイナースカード会員、
CLUB-Aゴールドカード会員はこちら
CLUB-Aカード会員、普通カード会員はこちら

保険っていつ見直すの?

保険は、就職、結婚、出産、ご自宅や車の購入、教育、退職や老後などライフイベントが見直すタイミングです。基本的に家族の経済生活と密接な関係があり、ライフステージにあった保険のご加入をご検討ください。
たとえば、子供が誕生したタイミングでは、今まで最低限の生命保険に加入していた方が、ご自身に万が一の事態が発生した場合のご家族の将来を考え、生命保険の金額の見直しを実施します。また、子供の学資資金の貯蓄に保険を利用する場合は、学資保険の加入を検討するタイミングでもあります。
上記の通り、様々なライフイベントごとに必要になる保険は様々になります。ライフイベントごとに検討する保険をイラスト入りでまとめましたので、「どうやって選べばいいの?」ページをぜひご確認ください。

保険選びのヒントを見てみる

「保険選びのヒント」はこちら
~ライフイベントごとに備えるべきリスク・検討すべき保険を紹介します~

「保険選びのヒント」はこちら
~ライフイベントごとに備えるべきリスク・検討すべき保険を紹介します~

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償(保障)内容は引受引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険会社のホームページ、パンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。

募集文書番号:20-T03479/東京海上日動火災保険(株)

保険に関するご相談

JAL保険ナビでは、保険のノウハウに精通した専門スタッフが無料で保険のご相談にお応えします。

JALUX保険サービス TEL:0120-141-650 平日9:00~19:00(土曜9:00~18:00)※日・祝・年末年始を除く

Webお問い合わせ